敏感になる原因とは|しっかり浸透する美容液を選んでエイジングケアをする

しっかり浸透する美容液を選んでエイジングケアをする

敏感になる原因とは

化粧水を塗るレディ

敏感になっている肌の症状

ニキビ肌や乾燥肌など、お肌の悩みは尽きないです。中でも、敏感肌で悩んでいる人は、かなり多いようです。はっきりとした敏感肌という定義はないのですが、お肌が赤くなったり痒くなったり、ヒリヒリしたりかぶれたりとその症状は様々です。髪の毛や洋服のタグが少しでも触れると反応したり、紫外線に長時間当たったりすると反応するということも少なくありません。しかし、主たる原因とされるのが、肌に合わない刺激の強い化粧品を使用していることです。例えば洗浄力の強い洗顔料は合成界面活性剤が含まれており、この成分が肌に必要な油分まで取ってしまいます。この事によりお肌のバリア機能が壊れてしまいます。また合成化学物質が多く含まれた化粧品も、刺激が強すぎます。そのため、敏感肌の症状が続くようであれば、化粧品を敏感肌用の化粧品へ切り替えてみるのも良いでしょう。化粧品の切り替えで、これらの症状が治まる人は多いのです。

敏感な肌に合う化粧品選び

敏感肌用の化粧品は数多くあるので、どれが良いのか迷ってしまいます。その商品選びで、幾つかの注意点があります。まずはその成分をよく見てみることです。敏感の肌に必要なのは、角質の水分を閉じ込める保湿です。保湿成分として、セラミド、エラスチン、コラーゲン、水素添加大豆レシチンなどが挙げられます。次に注意したいのが、肌に合わない化粧品や成分を控えることです。アルコールや香料などは、種類や量によっては敏感肌にとってとても負担がかかります。購入前に一度パッチテストを行うのが、安心でしょう。最後に必要以上の過剰なお手入れをしすぎないことです。使用する化粧品が多いほど、合わない成分に出会う確率も高くなってきます。基本の洗顔、化粧水クリーム選びをしっかりとして、必要であればプラスアルファのケアをすると良いでしょう。

Copyright © 2016 しっかり浸透する美容液を選んでエイジングケアをする All Rights Reserved.